« September 2016 | Main | November 2016 »

October 2016 entries

2016.10.29

歓喜の歌

抜け殻大合唱団による歓喜の歌。

Pict01010001



| | Comments (0)

2016.10.27

冬支度も

屋敷周りの冬支度も残すところあとわずか。

そんなところにおもいがけない好天。
カメラを持って散歩。

今年の樹木は緑の葉からいきなり褐変して紅葉という感じがしない。

Dscf76450001

| | Comments (0)

2016.10.24

今日の花

屋敷周りの木の冬囲い。

父親は稲刈りが終わるとこの作業を始めたものだ。
なにもそんなに急がなくてもいいものを、とおもっていたが、この歳になってみるとなんとなく心情が分かるような気がする。
一年の稲作仕事が終わった安堵感、いい季節が終わる諦観、そして厳しい冬への心構え。

そんなことをおもいながら作業していたら突然の雨。
これからは時雨の季節だ。

今日見たこの花も明日には枯れてしまうかもしれない。

Dsc08268_10001

| | Comments (0)

2016.10.23

秋祭りだ

駅前通りはホコ天になっていて、入ってみると軽トラの長蛇。
大仙の農家の方々が自慢の農産物を持ち寄って販売している。

Pict00810001

Pict00870001

| | Comments (0)

見栄張君

首にかけるのはダサいような気がしてカメラを肩にかけて歩いていた。
見栄を張るもんではない。
ナデ肩なもんでスルッとすべってコンクリートの通路に落とした。
幸い致命傷にならずに済んだが一番気に入っているカメラだったので、傷がついてしまい残念。
その後撮った写真に異常はないようだからま、しかたないか。

Dscf7569_10001

| | Comments (0)

2016.10.20

畑の片付

ゴーヤ、ツルムラサキ、枝豆は時期が過ぎたので片付ける。
ニンジンは全部収穫。
ついでにサラダ大根、カブ、辛味大根を少し穫ってみる。
辛味大根は蕎麦の薬味に使うとうまい。

畑から帰る道すがら、土がついたままのものを数軒にお裾分け。

161020_102700
(ガラケー写真)

| | Comments (0)

2016.10.19

黒湯温泉

Dsc081400001

駒ヶ岳のムーミン谷を満喫してから黒湯温泉まで足を伸ばした。
紅葉がすばらしいなか黒湯温泉も大勢のお客さんが。

インドの方もいて宿の人がいろいろ案内している。
案内している方はトレパンにエプロン姿の一見普通のおばさんだったが、通りすがりに聞いたら流ちょうな英語。
this way! とお二人を連れて館内に入っていった。

Dsc082420001

| | Comments (0)

2016.10.17

うそうた

普段はだいたいこんなかんじ。

Dsc079760001


| | Comments (0)

2016.10.16

焼石岳へ

天気が良かったので朝食後に思い立って焼石岳に向かう。
ヤマレコでは三つ星だったが、どうにかなるだろうと出かけたのだが、想像以上に大変な山だった。
東成瀬から登ったので3合目からの登坂だったが、とにかく見晴らしのきかない山道が長い。
登っているのか下っているのかわからず8合目に出たところでやっと森林限界になって視界が開けてくる。
このパノラマにそれまでの苦労が快感に一気に変わる。

スタートが遅かったので一応引き返すタイムリミットを決めて登った。
あと700メートルで引き返すのはいかにも残念なので頂上まで到達した。
登り口の駐車所に戻ったときには日が暮れていた。

家で待っていたあーちゃんは私がクマのおなかの中にいて帰ってこれないんじゃないかと心配してたとのこと。
たしかに脂身がのってうまそうかも知れないが、実際は歳をとっているので「シネ」のです。

Dsc080050001

Dsc080440001

Dsc080250001

| | Comments (0)

2016.10.15

秋の日差

懸案だった苗代の耕起。
来春のための準備なのだが、天候不順でなかなかできなかった。
もうこれ以上田んぼが乾くことはないだろうと判断。

お隣のバッチャンから「気をつけてやれナ」と言葉をかけられて田んぼに向かい、完璧ではなかったがなんとか終えることができた。

ついでに祥子にいわれていた畑の耕起もしてトラクタの洗車。
所定の場所に格納して来春の出番を待つ。

今日の一枚。

Dscf64430001_2


| | Comments (0)

2016.10.14

寂しいね

niftyが身売りしちゃうんだねぇ
ちょっと寂しいね。

富士通のパソコンもレノボになってしまうし。

時代の流れだねぇ・・・・・・

Dscf63530001

| | Comments (0)

2016.10.13

携帯写真

スマホがコンパクトデジカメを駆逐する時代の流れ。
そんな中で、ガラケーで写真を撮ってみようとおもい立ったのであります。
なんといってもその写真サイズが 150K程度というのがすごい。

今使っているガラケーは一応無線LANとかBluetoothにも対応していることになっているが、接続しようとすると相手が嫌ってくる。これも時代かとおもう。

161013_085912

161013_135848

 


 

| | Comments (0)

2016.10.12

戦場の跡

今日は垣根の枝を揃えたあたりで雨。

「あきたほのか」という枝豆がとてもおいしかったので販売所に行ってみたらもうない。
代わりに置いてあった「秘伝」を買ってきたが、やはり「あきたほのか」のほうが抜群にうまい。

近くの田んぼの刈り取った跡はまさに戦場の跡のよう。

Dp3m01860001

| | Comments (0)

2016.10.10

地域行事

母校の小学校で行われた地域行事に参加。

当然の校舎は改築され学校名も変わった。
それでもどこかなつかしい気持ちがよみがえってくる。
同級生の幾人、上級生下級生にもたくさん会えて話もした。

おかしなもので、小学校当時の自分の位置づけといったらいいか存在といったらいか、そんなこともよみがえってきて、それが何だったのか今になって気がつくこともあった。


Dsc079550001

| | Comments (0)

2016.10.09

パソコン

自分のパソコンの中身を見てびっくり。
Windows10 のカーネルには、Linux(Ubuntu)の一部が組み込み可能になっている。

Wsl

もちろんチェックはいれないけど。

| | Comments (0)

2016.10.05

駒の作成

牛骨で窓を作ってから細部の微調整。

Dsc079330001

百均で買ったこの接着剤がかなり使いやすい。
粘度と硬化時間がちょうどいい。
3個入って百円というところがすごい。

Dsc079310001

| | Comments (0)

2016.10.04

士気低下

モチベーションが維持できずにこの状態でいくつかの冬を越した仕掛品 ^^;

Dsc079260002

Dsc079270001


士気低下の原因を自分なりに考えてみると。

1.感音性の難聴と診断され、耳の良くないものが楽器を作るのはパロディーだとおもう
2.老眼が進んでいて、手触りで仕上がりを確かめる状態
3.工房の掃除が行き届いていない
4.刃物の手入れをさぼっているから、いざというときに切れなくてイライラする
5.作り上げても今使っている市販の楽器以上のものができるワケがない
6.音作りについてジツは何も分かっていない。

などなどまだまだ10個くらいは理由がありそう。

それでも頑張って今日はブリッジを大ざっぱに整形したのだ。

Dsc079300001

| | Comments (0)

2016.10.01

登山日和

クマの暴挙が相次いでいたので自粛していた登山だが、滅多にない条件が揃ったので決行。
三ツ石山に登ってきた。

Dscf63280001

すでに紅葉が始まっており、天候にも恵まれてたくさんの登山者でにぎわっている。

Dscf63020001

Dscf63200001

Dscf63160001

すばらしい山だ。


| | Comments (0)

« September 2016 | Main | November 2016 »